本文へ移動

福島県老施協とは?

一般社団法人福島県老人福祉施設協議会について

 一般社団法人福島県老人福祉施設協議会は、県内の老人福祉施設相互の連携を図り、施設利用者の福祉向上と施設の事業推進を期するため、各種調査研究、研修及び情報の収集・提供等を行っています。
 福島県社会福祉協議会の内部組織として、平成13年度に老人福祉施設部会とデイサービスセンター部会が統合して発足し活動を行ってまいりましたが、平成30年度より「一般社団法人」として活動を開始しました。会員は養護老人ホーム、軽費老人ホーム、ケアハウス、特別養護老人ホーム及びデイサービスセンターと賛助会員によって構成されています。
 また、東北ブロック老人福祉施設協議会及び全国老人福祉施設協議会と連携し、各都道府県の協議会とともに全国的に活動を展開しています。

会長挨拶

 福島県老人福祉施設協議会は、平成30年4月1日付で一般社団法人となり、これまで以上に責任ある事業体組織へと進化を遂げました。
 少子高齢化社会と言われて久しい現在ではありますが、これから迎える人口減少と超高齢社会においては、国家的課題となる社会保障制度での要支援、要介護高齢者への対応や介護、支援及び援助の周辺課題と問題解決を目的とした地域包括ケアシステムの実現のため、地域の高齢者福祉と介護を担ってきた24時間体制である老人福祉施設の役割は、大変重要であり、高齢者介護に留まらず地域住民の生活の在り方を含めた地域作り、暮らしづくりをも視野に入れた事業への期待とその展開が問われております。
 こうした日本における現状を鑑み、東日本大震災・原発事故後の福島県において私たちの組織会員が一丸となり、県内の様々な時代の要請を受け止め、それぞれの地域の課題、問題改善の先駆けになれるよう、組織運営に努めてまいりますので、県民の皆様方のご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。
                          一般社団法人 福島県老人福祉施設協議会
                                 会 長  石 川   博
一般社団法人
福島県老人福祉施設協議会
〒960-8141
福島県福島市渡利字七社宮111番地
福島県総合社会福祉センター内
TEL.024-572-3654
FAX.024-572-3664
0
4
0
4
6
TOPへ戻る