本文へ移動

行事の紹介

行事の紹介

RSS(別ウィンドウで開きます) 

令和4年度 外国人介護人材フォローアップ研修会(9月)

令和4年度外国人介護人材フォローアップ研修会第3回目が開催されました。
今回は会津・南相馬会場については日本語研修、郡山会場については日本語と介護の研修を行いました。
会津・南相馬会場の皆さんは今回の研修までの期間、全4回の宿題をこなして2カ月ぶりに力試しの小テストに挑みました。結果は個人差ありですが、やはり宿題をコンスタントにこなしている方とそうでない方とでは、その努力の差が点数に表れているように思いました。
郡山会場の皆さんは午前中は日本語の小テストを行い、午後は着脱の講義と実習を行いました。日本語の先生からはテキストの使用具合にチェックが入りました。勉強している人とそうでない人はテキストのしわや折り目などから分かりますと言われてしまいました。こちらもしかりですが、テキストのやり込み具合が点数に表れているのではないかと思いました。
介護の研修では皆さんほぼ初めて浴衣に触れました。浴衣のたたみ方は器用にされておりましたが、意外とリボン結びに苦戦している方々がいらっしゃる事に驚きました。
来月で4回目の研修となりますが、また参加者の皆さん全員と体調などに変わりなく、来月もお会いできればと思います。
なおこの研修会は、コロナウイルス拡大防止対策を実施して開催しております。
会津会場
郡山会場
南相馬会場

令和4年度 生活相談員研修会

9月22日(木)コラッセふくしまを会場に生活相談員研修会を開催しました。
講師に、田中大悟先生(株式会社ケアモンスター 代表取締役)をお迎えし、「これからの時代に求められる生活相談員のあるべき姿」をテーマにご講義いただきました。

コロナ禍で集合研修への参加を自粛している中、他事業所の相談員との交流や情報交換をするために研修会に参加してくださった方もいらっしゃいました。
参加者から「思っていることを可視化することで自己成長に繋がることを改めて理解した」、「施設での立ち位置や考え方、向かう方向の明確化、それを言語化・可視化する重要性を学ぶことができた」、「これからも自身のスキルアップをしていきたい」などの声が聴かれました。また、「思っていたより相談員の仕事は楽しい!」と答えてくださった方もいらしゃいました。
この研修を通して、一人でも多くの方が生活相談員としての自身の目標を見つけるきっかけとなっていたら幸いです。

田中先生、参加者の皆様、ありがとうございました。

協三工業株式会社様よりマスクを寄贈頂きました。

2022-09-08
福島市にあります、協三工業株式会社様より不織布マスク40箱の寄贈がありました。頂いたマスクは、福島県内の会員施設40か所に配布いたしました。
コロナウイルス感染症第7波のなか、マスクの寄贈は大変ありがたく、配布された施設も大変喜んでおりました。
協三工業株式会社様、ありがとうございました。

令和4年度 外国人介護人材フォローアップ研修会(8月)

令和4年度外国人介護人材フォローアップ研修会第2回目が開催されました。
今回は各会場介護実習を含めた研修でした。
実際に施設で介助されている方は、ご自身の介助を顧みての改善点や反省点等もあったようです。
皆さん新たな知識を身に付け、新しい事に目を輝かせていました。今後施設での活用・実践を期待しております。
また毎回受講生の皆さんと他愛のない会話をさせて頂いておりますが、日本語でのコミュニケーションもさらに上達しているように感じました。また来月お会いできるのを楽しみにしております。
なおこの研修会は、コロナウイルス拡大防止対策を実施して開催しております。
会津会場
郡山会場
南相馬会場

令和4年度 介護職員研修会

 8月5日(金)、福島県男女共生センターにて介護職員研修会を開催いたしました。
 今年度の介護職員研修会は、介護職3年未満の方を対象に「介護職員として働くために大切なこと」をテーマとし、福祉リスクマネジメント研究所所長の烏野猛様に講義をお願いしました。
 開催時期が、コロナウイルス感染症の第7波に重なってしまい参加者が少なく残念でしたが、ソーシャルディスタンスを確保することができ、感染症対策をしっかり行いながら研修を行うことができました。
 今回の研修は、経験3年未満の方が対象でしたので、入職してから初めて集合研修に参加した方も多く、皆さん真剣に勉強されておりました。

一般社団法人
福島県老人福祉施設協議会
〒960-8141
福島県福島市渡利字七社宮111番地
福島県総合社会福祉センター内
TEL.024-572-3654
FAX.024-572-3664
0
8
7
3
2
6
TOPへ戻る