本文へ移動

行事の紹介

行事の紹介

RSS(別ウィンドウで開きます) 

令和4年度 外国人受入制度理解研修会

7月25日(月)、外国人受入制度理解研修会を開催しました。
講師に、公益社団法人国際厚生事業団(JICWELS)の武井様をお迎えし、外国人介護職員を雇用できる制度についてや外国人介護職員受入までの流れ、留意点など、90分ほどご講演いただきました。
参加施設から「今後、外国人を雇用する際の参考になった」、「理解を更に深めることができた」などの声が聴かれ、現在外国人介護職員を受け入れている施設にもこれから受け入れを検討している施設にも役立つ情報が多かったかと思います。

武井先生、参加施設の皆様、ありがとうございました。

令和4年度 外国人介護人材フォローアップ研修会(7月)

令和4年度外国人介護人材フォローアップ研修会が始まりました。
この研修会は海外から福島県に来て介護施設で働いている外国人介護職員さんのための研修会です。
今年度は会津、郡山、南相馬の3会場で7月から始まり11月まで月1回の全5回開催です。
第1回目は各会場で開講式を行い、日本語で自己紹介をした後、日本語能力試験N3レベルのテストを行いました。
多くの外国人介護職員さんは入国時にN4を取得しておりますが、ひとつ上のレベルとなると悪戦苦闘し時間超過しながらも一生懸命問題と向き合っていました。
参加者の皆さんはこのテスト結果を踏まえ、日々の職務と宿題をこなしつつ、N3取得に向け勉強している最中だと思います。
講師の先生方、受講生の皆さん、11月までよろしくお願いいたします。
なおこの研修会は、コロナウイルス拡大防止対策を実施して開催しております。
会津会場
郡山会場
南相馬会場

令和4年度 施設ケアマネ研修会

5月16日(月)ビッグパレットふくしまを会場に施設ケアマネ研修会を開催しました。
本研修会は、令和3年度に計画をしていましたが、新型コロナウイルス感染症の影響により会場が休館となり残念ながら中止となりました。

講師の菅原先生(社会福祉法人東白川福祉会 相談役)も今回の開催を楽しみにしており、42名の方が参加してくださったこと、皆様の顔を見て研修ができたことをとても喜んでくださいました。

午前中の講義は実体験を踏まえた内容で、「職員の気持ちを受け止め話し合いができる施設内の環境作りの大切さに改めて気付けた」、「入居者様やご家族様とのやり取りについて見直す点に気付くことができた」など今後の職務に大変役に立ちましたとのお言葉をいただきました。
また、午後は3~4名のグループワークを行いました。
「同じ悩みを共有でき、解決策や対応策を聞くことができ情報交換ができた」、「悩んでいたことを共有しケアマネとして頑張る力をもらえた」など、課題を共有することで“あるあるだね”、“うちではこうだよ”といった話し合いの中で参考になったことが多かったようです。

菅原先生、参加者の皆様、ありがとうございました。
いただいたご意見をもとに今後の研修会も企画してまいります。

一般社団法人茨城県老人福祉施設協議会様よりお見舞金をいただきました

令和4年3月13日(水)に、本会事務室内において、一般社団法人茨城県老人福祉施設協議会様よりお見舞金をいただきました。このお見舞金は3月16日に発生した福島県沖地震に対するもので、支援物資の購入の補填として使わせていただきます。
贈呈には、木村哲之会長・荒川透副会長・冨田晃由災害対策委員長がお越しになり秦会長が受領いたしました。
一般社団法人茨城県老人福祉施設協議会様、誠にありがとうございます。
左から髙木専務・秦会長・木村会長・荒川副会長・冨田災害対策委員長

福島信陵ライオンズクラブ様より、ガウンとフェイスシールドが贈呈されました

令和4年3月23日(水)に、本会事務室内において、福島信陵ライオンズクラブの小林志津子会長より、アイソレーションガウン400個、単回使用型フェイスシールド500個の贈呈がありました。
頂いたガウンとフェイスシールドは、本会会員施設で感染が確認された際、応援物資として活用させていただきます。
福島信陵ライオンズクラブ様、誠にありがとうございます。
左から本会遠藤副会長。ライオンズ国際協会小林会長
一般社団法人
福島県老人福祉施設協議会
〒960-8141
福島県福島市渡利字七社宮111番地
福島県総合社会福祉センター内
TEL.024-572-3654
FAX.024-572-3664
0
8
7
3
3
4
TOPへ戻る