本文へ移動

行事の紹介

行事の紹介

RSS(別ウィンドウで開きます) 

令和元年度 介護職員研修会

2019-12-04
 令和2年2月4日(火)、ビッグパレットふくしまにおいて「令和元年度 介護職員研修会」を開催いたしました。
 今回は、摂食嚥下障害看護認定看護師の菊池氏、瀬谷氏に講師をお願いし、「摂食嚥下の基礎知識」と「摂食嚥下障害がある方の口腔ケア」というテーマで行いました。
 先生の話を聞きながらお煎餅を食べ、摂食・嚥下がどのように行われるのかを体感したり、実際に自分の口の中を口腔ケアの手順できれいするという実践もありました。
 受講者からは、実践があり分かりやすかった、観察のポイントが良く分かったなどの声が聞かれました。講師の先生方、受講者の皆様、ありがとうございました。
講義の様子
口腔ケア実践中

令和元年度 機能訓練担当職員研修会

2019-12-26
 令和元年12月19日(木)、ビッグパレットふくしまにおいて「令和元年度 機能訓練担当職員研修会」を開催いたしました。
 今回は、公益財団法人星総合病院 リハビリテーション科 技師長 理学療法士 二瓶 健司様に『整形外科手術後のリハビリテーション~ポジショニングや動作の介助方法~』の題にて講義と実技をしていただきました。また、公益財団法人星総合病院 リハビリテーション科 主任 理学療法士 竹内 玄徳 様に『呼吸循環器系疾患のリハビリテーション~運動や動作に対するリスク管理~』の題にて講義をいただきました。そして、三春町立三春病院 リハビリテーション科 係長 言語聴覚士 會田 梨恵 様に『食事に必要な嚥下機能と姿勢と栄養ケア~リハビリテーション栄養の考え方~』の題にて講義と実技をしていただきました。
  参加者からは、「大変勉強になった」、「もっと実技を体験したかった」等のお声をいただきました。
 講師様、受講者の皆様、ありがとうございました。
講義の様子
実技の様子

自由民主党福島県支部連合会による令和2年度政府予算対策要望

2019-12-02
 令和元年11月29日(金)に開催された、「自由民主党福島県支部連合会による令和2年度政府予算対策要望活動」に髙木専務理事が参加し、福島県選出の自民党の国会議員の先生に要望をお願いすると共に、厚生労働大臣の加藤勝信先生にもお会いし、要望書を手渡すことが出来ました。
 加藤厚生労働大臣からは、「処遇改善加算や、特定介護職員等処遇改善加算の要望については出来る限り努力する。また、介護福祉士の経過措置の延長についても実現に向け議論している。」他の要望については検討するとの回答をいただきました。
 要望の内容は下記のとおりです。
 
 
1 安定的・継続的な事業運営のための介護報酬単価引き上げについて
2 処遇改善加算の事務の簡素化について
3 通所介護サービスの送迎介助加算の復活について
4 通所介護サービスの冬期送迎加算の新設について
5 特定介護職員等処遇改善加算の平等配分について
6 介護福祉士の経過措置の延長について
7 看護師の確保について
8 管理栄養士の配置基準について
9 養護老人ホームの職員配置基準について
 
加藤勝信厚生労働大臣(向かって左側)に挨拶する髙木専務理事

令和元年度外国人留学生受入環境整備事業 中国長春市合同説明会

2019-11-15
 令和元年11月13日(水)に、「令和元年度外国人留学生受入環境整備事業に係る中国合同説明会」を中国吉林省長春市において開催いたしました。この事業は一般社団法人福島県老人福祉施設協議会が福島県より受託して行う事業で今年度が初めての取り組みです。
 福島県からは、保健福祉部次長の中村伸裕様・社会福祉課主幹の紺野弘志様にご同席いただき、福島県内8つの老人福祉事業所の方々が合同説明会を行いました。
 確かな情報をスムーズにお届けするため、全ブースに通訳を付け、日本に留学し、介護福祉士を目指したい方18名に対し説明を行いました。参加者も全部のブースを回り、とても真剣に情報収集を行っておりました。
 今後は、今回の参加事業所と中国の方々が将来働きたい事業所の希望を聞きしマッチングを進めていきたいと思います。
 福島県老施協は、今後も外国人留学生や外国人介護職員の確保に取り組んで参りたいと思いますので、外国人介護職員確保にご興味のある法人様は、是非ご連絡ください。
説明を行う社会福祉法人慈仁会の鈴木様
開会時の様子

みやぎ生活協同組合福島本部様より災害復旧支援金が贈呈されました

2019-11-07
 令和元年11月7日(木)に、みやぎ生活協同組合福島本部において、みやぎ生活協同組合福島本部の野中俊吉様から一般社団法人福島県老人福祉施設協議会に対し、災害復旧支援金百万円の目録贈呈がありました。
 一般社団法人福島県老人福祉施設協議会の専務理事である髙木が会長に代わり目録を受領いたしました。
 今回の台風19号では、床上浸水した会員施設5事業所、断水が28事業所、停電が2事業所の被害がありましたが、みやぎ生活協同組合福島本部長の野中様には、飲料水等の確保に迅速にご対応いただき支援を行うことが出来ました。
 専務理事の髙木が「この度は、当協議会の会員施設支援のためご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。会員施設の給水支援や復旧に使用させていただきます。」と挨拶しました。
目録
左が野中福島本部長 右が髙木専務理事
一般社団法人
福島県老人福祉施設協議会
〒960-8141
福島県福島市渡利字七社宮111番地
福島県総合社会福祉センター内
TEL.024-572-3654
FAX.024-572-3664
1
1
9
1
0
TOPへ戻る